しょうゆ、つゆ、たれ、レトルトパウチを製造・開発する総合食品メーカー、ヤマモリの公式サイト

文字サイズ
小
中
大
  • オンラインショップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • お知らせ
  • 商品情報
  • 業務用商品
  • タイ関連情報
  • レシピ
  • 食の情報
  • 企業情報
  • 採用情報

ヤマモリの強み

しょうゆ、つゆたれ、レトルトを中心とした味へのこだわり
世界品質の安全性を提供

ヤマモリは、しょうゆ、つゆたれ、レトルト食品をはじめとする家庭用商品(NB)の製造販売だけでなく、外食・麺業・その他各種法人様向けの業務用商品(PB)の開発、病院等の医療食製造、さらには、海外(アジア)への進出など、業務用分野においても、様々な強みを持っております。

1.オーダーメイド企業

ヤマモリでは、しょうゆ、つゆたれ、レトルト技術等のノウハウを活かし、お客様のニーズの正確な把握と豊富な試作経験に基づく商品開発力によって、お客様の求める「味」をオーダーメイドで具現化します。

PB開発の流れはこちら

2.レトルト技術

アポロ11号の宇宙食で注目された1969年より、日本でもいち早くレトルト殺菌装置の自社開発に成功し、「釜めしの素」をはじめとする様々なレトルト食品を製造してきた結果、単一工場としては国内No.1の生産量を誇ります。レトルト食品は常温流通保管が可能で、軽量で取り扱いやすいなど様々なメリットがあるため、特に国内の外食・麺業を営む法人様に、業務用商品として有効にご利用いただきたいと考えています。

レトルト食品の現状

2006年から2011年の間にレトルトは2桁増えている。

レトルト食品生産数量推移(単位:t)

レトルトの特長と活用例

1.安全性が高く、長期保管が可能2.扱いやすい(軽い、開けやすい、解凍の必要なし、容器廃棄も簡単)3.常温輸送・ランニングコストが安い

レトルトに向いているもの:カレー、デミグラスソース、ミートソース、ハヤシ、その他料理用ソース類、その他 ※煮込み感が求められるメニューが得意

外食活用例:小規模外食チェーンが多店舗化を進めるにあたり、冷凍食品の品目が増加!!→冷蔵庫が一杯になってきている

外食チェーンによっては、冷凍とレトルトをうまく使い分けをしている。

・常温保管のできるレトルトに注目!    ・煮込み感が求められる食材はレトルトへ

レトルト技術の詳細はこちら

3.安心安全

お客様に「安心・安全」な製品を提供するため、衛生面に十分配慮した最新の設備を導入。世界基準であるISO9001、ISO22000の認証を受け、さらに原材料から製造・加工・流通を経て最終消費者の手に渡るまでの各段階での管理を徹底したHACCP手法も取り入れ、製品の安全性を確保しています。 また、地球環境にも配慮し、クリーンエネルギーの利用や産業廃棄物の低減化にも積極的に取り組んでいます。こうした取組みによって出来た製品を、法人の皆様にご利用いただき、安心で安全な食の提供をしたいと考えています。

安心安全を支える工場紹介はこちら

4.海外事業展開

ヤマモリは、得意分野である「しょうゆ」、「レトルト」の技術を利用し、タイ現地の食材を使ったレトルト食品工場「サイアムヤマモリ」を設立。さらに、しょうゆ工場「ヤマモリ(タイランド)」、しょうゆ等の販売会社「ヤマモリトレーディング」を設立し、日本の食文化をタイへと広めています。近年、日本ではタイフードへの関心が高まり、タイカレーをはじめとする各種レトルト食品の売上は、年々増加の傾向にあります。また、タイ料理レストラン「サイアムガーデン(名古屋市中区)」を運営し、本場タイ料理を身近に味わえる店舗営業も行っています。こうした海外での成功事例を踏まえ、今後アジア各国への進出を目指すとともに、日本法人様の製品を海外へ広めるお手伝いもしていきたいと考えています。

タイ関連事業の詳細こちら

ご相談・ご意見等に関するお問い合わせ先 ヤマモリ株式会社 業務用事業部
東部地区:03-5765-6701 中部地区:0594-33-3901 西部地区:0798-23-3181
ページの先頭へ