しょうゆ、つゆ、たれ、レトルトパウチを製造・開発する総合食品メーカー、ヤマモリの公式サイト

文字サイズ
小
中
大
  • オンラインショップ
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • プレスリリース
  • お知らせ
  • 商品情報
  • 業務用商品
  • タイ関連情報
  • レシピ
  • 食の情報
  • 企業情報
  • 採用情報

ヤマモリの歩み

明治22年の創業以来、120余年の歴史を歩んできました。いつの時代にも、業界から注目を集め、リードしてきたヤマモリです。沿革をたどるだけでは、伝わらないこともあるかもしれません。サイドストーリーもぜひ、ご一読ください。

1889年
三林 専太郎、現在地に於いて味噌・しょうゆ醸造業を始める
1951年
山森食品醸造株式会社に組織変更、
個人事業を引き継ぎ資本金150万円で発足
1961年
資本金500万円に増資する
自動通風製麹装置を業界最初に開発、設置する
1965年
完全調味料、味つゆ新発売
1966年
近促法の指定を受けた最新式近代化工場完成する
1967年
全国初の袋詰液体スープを新発売
1969年
レトルト殺菌装置を自社開発、釜めしの素を新発売
1971年
ミートソースを新発売、生産高日本一を誇る
1972年
資本金1億円に増資する
レトルト殺菌の袋詰液体スープを開発、新発売する
1973年
缶スープ新発売
紙容器のピュアーパックしょうゆを新発売
1976年
米飯(袋入パック・トレー入パック)を新発売
ヤマモリ食品工業株式会社と社名変更
資本金2億円に増資する
1977年
松阪新工場完成
ミートソース缶詰、第4回缶詰品評会優秀賞受賞
1978年
醤油1.8L新型容器専用充填ライン完成
1980年
資本金3億円に増資する
農林水産省食品流通局長賞(技術開発)受賞
山菜五目寿司の素、第1回レトルト品評会会長賞受賞
1982年
こいくちしょうゆ特級、品評会名誉会長賞受賞
松茸釜めしの素、第2回レトルト品評会会長賞受賞
売上高100億円突破
社長三林忠衛死去により、三林憲忠社長就任
1983年
セブンマウンテンサワー新発売
1984年
そのままつゆ新発売
ミートソース缶詰(コーン入り)、第11回缶詰品評会優秀賞受賞
松茸釜めしの素、第5回レトルト食品品評会優秀賞受賞
1985年
桑名工場、松阪工場、つゆJAS認定工場に
ビーフカレー辛口、第6回レトルト品評会農林水産大臣特別優秀賞受賞
1986年
麻婆豆腐の素、第7回レトルト品評会優秀賞受賞
1987年
特級こいくちしょうゆ、第14回全国醤油品評会食糧庁長官賞受賞
新コーポレートマーク発表
おでん鍋、第8回レトルト品評会優秀賞受賞
1988年
「ヤマモリ株式会社」と社名変更
資本金3億8000万円に増資する
タイ日清製粉(株)合弁会社設立、海外進出
1989年
シンガポールYEO社で、シンガポールカレー・シチュー委託生産開始
世界デザイン博覧会(名古屋)に、カレーショップ「ヤマモリカレーワールド」出店
桑名工場液体小袋つゆ、スープ工場新設
1990年
四川飯の素、第11回レトルト食品品評会農水省食品流通局長賞受賞
1992年
松茸釜めしの素、第13回レトルト食品品評会農林水産大臣賞受賞
釜めしの素シリーズ、第13回レトルト食品品評会優秀賞受賞
1993年
県内の醤油メーカー2社と伊勢醤油本舗(株)を設立伊勢醤油を発売
1994年
松阪牛丼の素を新発売、第15回レトルト食品品評会優秀賞受賞
中華丼五目あんかけ、第15回レトルト食品品評会優秀賞受賞
1995年
中華丼五目あんかけ、第16回レトルト食品品評会優秀賞受賞
1997年
本社・桑名工場、松阪工場TPM優秀賞受賞
1998年
醸造工場をタイに建設、日本醤油の生産・供給を開始
1999年
五目中華丼の素、第20回レトルト食品品評会日本缶詰協会会長賞受賞
2000年
松阪工場ISO14001認証取得、HACCP認証取得
松阪牛丼の素、第21回レトルト食品品評会日本缶詰協会会長賞受賞
国際食品見本市『SIAL2000-the Global Food Marketplace』出展
タイカレー(グリーン・レッド・イエロー)新発売
2001年
桑名・大山田事業所を新設 本社機能を移転
丼ディスプレイ演出キッド 日本POP広告協会展 金賞受賞
2002年
地鶏釜めしの素、第23回レトルト食品品評会
農林水産省総合食糧局長賞受賞
2003年
本社・桑名工場、桑名・大山田事業所 ISO14001認証取得
2004年
本社、桑名工場、松阪工場、3支店 ISO9001認証取得
ヤマモリの100%出資によりサイアムヤマモリ(株)設立
Ajinomoto Sales(Thailand)社、Hi-Q Food Products社とヤマモリの3社合併によりAQYソース(株)設立
2005年
名古屋市納屋橋にタイ料理レストラン「サイアムガーデン」開店
2006年
ギャバ醤油、ギャバつゆ新発売
2008年
地鶏釜めしの素、山菜釜めしの素、2008モンドセレクション銀賞受賞
2009年
マネジメントシステムをISO9001に統合
タイカレーグリーン、マンゴカレー、2009モンドセレクション金賞受賞
2010年
タイカレーグリーン、マンゴカレー、2010モンドセレクション金賞受賞
2011年
桑名・大山田事業所を拡張し新棟建設、本社・大山田工場に名称変更
大山田工場、桑名工場、松阪工場 ISO22000認証取得
タイカレーグリーン、マンゴカレー、吟御膳そばつゆ、2011モンドセレクション金賞受賞
2013年
大山田工場、桑名工場、松阪工場、FSSC22000認証取得
ヤマモリ(タイランド)株式会社設立
2015年
ヤマモリ(タイランド)工場操業
タイカレー(グリーン)が2009年より
7年連続してモンドセレクション金賞受賞
第3回地域産業貢献賞(日本食糧新聞社制定)受賞

サイドストーリー

ヤマモリ株式会社…そのはじまりは明治22年。初代社長、三林 専太郎が現在の桑名工場においてしょうゆ醸造業をおこしたことにさかのぼります。以来、しょうゆメーカーとしての実績を重ねながら昭和40年、その伝統の醸造技術を生かした完全調味料・味つゆの商品化により、はじめて加工調味料分野への参入を果たし、現在の総合食品メーカーとしての基礎を固めました。

そして昭和44年、世界がアポロの月面着陸で沸いた年、ヤマモリにも一大転機が訪れます。それは、NASAが宇宙食用に開発していたレトルトパウチ食品の製品化第1号が日本で発売された数ヵ月後、ヤマモリもレトルト殺菌装置の自社開発に成功し、はじめてのレトルトパウチ食品「釜めしの素」を世に送り出したのです。その後も次々と技術革新を重ね、それに伴う商品開発、最新設備の開発設置と、意欲的に加工食品分野の市場開拓、事業領域の拡大を図ってまいりました。

その積極的な企業戦略は、はっきりと数字にも表れています。昭和42年に2億だった売上高が52年には50億、57年には100億、平成を迎えて200億へと、飛躍的な伸びを示しています。現在、ヤマモリは、醸造の原点である「手間ひまをおしまずに、じっくりと育てる」…この商品づくりの基本姿勢を忘れずに、常にステップアップを積み重ねて独自の地位を築こうとしています。

あくまでもしょうゆづくりを柱に、それをベースにした醸造調味料とレトルトをはじめとする調理食品の開発提案を積極的に続けております。しょうゆ第8位、レトルト第3位のポジションにある企業として、ヤマモリは日本の食文化に貢献するとともに国際化社会においては、日本の「食」の担い手として、アジアをその第一歩に世界へと活躍の舞台を広げようとしています。

ページの先頭へ